voice学生の声

Category

災害や犯罪被害の学びが
意見を聞く力・伝える力に
川勝 優太さん
心身健康コース 卒業
今治造船株式会社
View more

現在私は今治造船株式会社で営業職として、建造した船が無事に出航できるよう、関係各所とのやり取りや、外国人の船員の対応をしています。大学時代は研究室の活動の一環として災害や犯罪被害について自分たちが学んだことを多くの人に伝える活動や、市の教育施設でボランティア活動をしていました。今の業務ではそういった価値観や立場、年齢が異なる人たちの意見を聞く、自分たちの考えを伝えるといった経 験が活きていると思います。

心理職につきたいという夢を
もっと突き詰めるための進学
山下 裕子さん
心身健康コース 卒業
徳島大学大学院総合科学教育部臨床心理学専攻
View more

私は心理職に就くという希望の進路を実現するために、総合科学部に入学しました。学部時代に沢山の尊敬できる先生方や先輩方と出会えたことで、本当の意味での学びの楽しさを知り、これまで以上に勉強が好きになりました。そして、多角的な視点を持つことやそれを統合することの大切さを学びました。現在は本学の大学院生として臨床心理学を学んでいますが、心の問題について考える上でこのような視点は必要不可欠であることを日々実感しています。

問題を解決する方法は、
ひとつではないということを学んだ
吉原 拓郎さん
心身健康コース 卒業
レバレジーズメディカルケア株式会社
View more

ゼミにおける研究では、従来の枠組みにとらわれることなく、斬新な発想や総合的な見地から事象を捉えることで、問題を紐解く術を学びました。また、部活やアルバイトなどの課外活動では、多様な分野の価値観にふれ、確固たる自分の価値観を形成できました。私は大学卒業後、レバレジーズメディカルケア株式会社にて、医療・介護領域が抱える社会問題の解決を目指していますが、学生時代に築いたこれらが業務の基盤となっていることは言うまでもありません。

TOP